JAPAN CHALLENGER PROJECT

ABOUT JAPAN CHALLENGER PROJECT

IZA KAMAKURA

いざ鎌倉!地方創生の祭典〜JAPAN CHALLENGER AWARD 2020〜
〜地方創生事業に挑戦する「ジャパンチャレンジャー」を応援する面白エンターテイメントビジネスコンテスト!〜

いざ鎌倉!地方創生の祭典〜JAPAN CHALLENGER AWARD 2020〜は、全国から集まったジャパンチャレンジャー(︎※1)による、まさに日本一の地方創生事業を決定する国内最大級のビジネスイベントです。

同時に、ジャパンチャレンジャーの事業モデルに金融機関や IT 企業の前で発表し、出資や事業提携などその場で決定する可能性もあるビジネスマッチングを行います。

そしてグランプリ、準グランプリは審査員と参加する観覧者からの投票で決定します。登壇するジャパンチャレンジャーの熱い思いを、今度は日本中から集まった地域ビジネスに関心の高い方々が聞くことで、自分の事業チャレンジと向き合い、また地元に帰って自分たちの力で地域を元気にしたい・できる!という意識を育み醸成させ、地方創生事業を一つでも多く創出していきたいと考えております。

日程 2020 年5 月(予定)
場所 鎌倉の寺院(予定)
主催 一般社団法人ジャパンチャレンジャープロジェクト
後援 各省庁、日本証券取引所(JPX)、Nippon IT チャリティ駅伝
協賛 金融機関、ベンチャーキャピタル、IT 系協賛企業20 社以上、協力地方自治体10 市町村以上
組織 審査委員長:藤野英人 実行委員長:柳澤大輔 プロデューサー:中川直洋
基準 ①地域課題の内在化
地域課題を「自分ごと」として捉えられているか。
心から事業を「面白い・楽しい・ワクワクする」と感じているか。
②地域資本への貢献度
地域資本= その地域の人々の暮らしを本質的に豊かにするモノやコト
・経済資本(財源や生産性)に貢献しているか「何をするのか」
・社会資本(人のつながり)に貢献しているか「誰とするのか」
・環境資本(自然や文化)に貢献しているか「どこでするのか」
③公民連携および市民との連携
地域課題を地域の人々をまきこんで解決しているか。
プログラム オープニングアクト/ 各ジャパンチャレンジャーのプレゼンテーション/ ゲストプレゼンテーション/ パネルディスカッション/ アトラクション/ グランプリ、準グランプリ発表/ エンディング/ その他プログラム
* 1 「JAPAN CHALLENGER AWARD 地方版」での発表者とニッポン全国で地方創生事業に挑戦する事業者の中から選ばれたジャパンチャレンジャーが発表します。